ライン

B級ウッドデッキ

1999年に新築してから裏庭にウッドデッキが欲しくていろいろ探してみましたがキットでもそれなり
の値段です。プロにお任せしたのでは一桁違うような値段ですしね。
まあ、それよりも何よりもあの「基礎工事」というのがいやでした、穴を掘って砕石いれて打ち硬め
コンクリ練って・・・などと考えると気がめいります、それが楽しみという方もいらっしゃる
と思いますが私は楽チンがいいです、

手抜きを色々考えた結果、2001年春、単管支持で基礎工事を省くという暴挙にでました。
純然たる「ウッド」デッキではなく擬似ウッドデッキ、

なんちゃってデッキです。

製作当時は30万画素のオモチャカメラしか無くて画像が見にくいですがご勘弁下さい。

1.5mの単管を円錐形の打ち込み金具と頭を
装着してカケヤで打ち込みます

位置、高さや水平は事前に調査測量して
おくことは言うまでもありません。

高さは単管の打ち込む長さで調節します
真っ直ぐ垂直の打ち込むのは結構めんどう
ですがあせらないで少しずつ、

左右の少しのズレは何とかなりますよ
よーするに大引きが乗ればいいんですから。
後は単管の上にベースを逆さにして突っ込み
ます。
接続金具で横に単管入れれば
ほ〜ら、これで基礎は お。わ。り。

不同沈下防止の為数ヶ所地面と単管の間
にブロックを噛ませておきました。

実際毎年屋根雪が落ちて(1立米1トンとして
10トン近くだと思います)山になりますが
2〜3シーズン後も異常有りません。
ベースフランジの上に大引きをコースレッドで固定します。
この時点では横単管は微調整が出来なくなるので
あまり入れておりません

でも
床板を敷くと手が届かなくなる所は接続してください


書き忘れましたが木材は事前に全量ペイントして
おくととても楽です、
床板を張ってフェンスのポールを立ち上げ
幕板を張るとなんだかデッキっぽくなってきましたね
ラティスを加工して取り付けると立派に見えます
第1期分ははぼ完成です。

第2期は1m位はなれた勝手口へつないでステップで
地面に落とす予定。

ここまで延べ3日
総予算10万円弱
(内、フェンス部分3万円、キシラデコール1万5千円)
防虫防腐塗料は半額位で他のメーカーのがあるようです

歩くと金属音がするのではないかと心配していた
のですがそんな事は一切無く

重い荷物を持つ事も無く
腰も痛くなりませんから腰痛の方向けですね。

下の単管はそのうち雑草で見えなくなる予定!

廃棄したらしい写真でしたが悪友スニさんが
私の完成報告の添付写真を持っていたので
送ってもらいました、
ご協力感謝します。

バーベキューする時は連絡するので
お肉とお酒と奥様、お願いね!

出来上がって部屋から外を見ると
こんな感じ

ちょっと右を向くと
こんな感じ

やはり密集地では無理があったか?
誰も見やしないと思っても近くに窓が有る
のは落ち着きません。

しょうがないからもう1段付けました。


こうなって

こうなりました。

しかしラティスの塗装はえらい手間がかかります、

おわったぁ!と思っても良く見ると
必ず塗ってない所が有りますので、ここは
気長にビール片手がいいですが
決して酔っ払って丸ノコなんか使わないでくださいよ!

テーブルは娘その@の学習机の天板を使って
作りました。
(12年間の血と汗とヨダレがしみこんだ机でした)

パラソルはホームセンターで直径3mの物を
買ってきました、
こりゃでかくて良いワイ。

勝手口まで床を伸ばしてステップで地面に
落としました、

そこにはネコの額ほどになった家庭菜園が・・・。

少し離れた様子です、
快適!
のはずでしたが日中は暑いし
夜は蚊の攻撃で
実際あまり活躍してないんだよねぇ〜

今のところ立派なものほしとして重宝して
おりますのでまぁいいかぁ!

私が最初に玄関横の掃き出し窓の目隠し
として安易に求めた900×900くらいの
サイズでよくホームセンターで売ってる
安価なウッドデッキのキット。

簡単そうですが(実際、組み立ては簡単)
よく見るとかなり材料が曲がっている
場合もあるし、何より基礎がキチンと
出来ていないと床や手摺が波打って
人に見せられないひどい事になります。

多分手がけた方でないと理解出来ない
と思いますが、想像していたより
綺麗に出来ないという事です。

土台がコンクリの場合はまだ良いですが
土の上に直接はお勧め出来ません。

ライン

inserted by FC2 system