ライン


B級日曜大工


子供の頃から工作は好きでした、

今でも最高の出来だと思っているのは
小4か5年の頃、オヤジの大事にしている尺八の音の出が悪そうだったので
ノコギリで切り込みを入れて笛のように音が出るようにした逸品です。
あの時のオヤジの喜んだ顔は忘れられません。


新築時はうれしくてあれやこれやと作っては喜んでおりましたが
最近はサッパリです。

電動工具もB級にふさわしくホームセンターの安売り道具が主でたいした物は
有りませんがなんせ腕相応と言う事で不満が出るほど
使いこなせないのが悲しいところです。



玄関横のラティスフェンス

なんちゃってデッキを作った後であまった2×4材を
利用して製作。

色を白か茶色かで迷いましたが
白は汚れが目立つようなので
結局キシラデコールでデッキと同じ色
にしました。

タイル目地にアンカーを打ち込んで
固定、
2F手洗い

毎朝1Fの洗面所に同じ時間に家族が
殺到してわれ先にと洗面から髪の毛の
セットとそれはもう戦場です。

負傷兵が出る前に、2Fトイレの手洗いを
ちょっといじる事としました。

ここは純粋にトイレ手洗いの機能しか無いので
コンセントと物を置く為の台を作ります。

とりあえず回りの物を取り払ってコンセントを
増設します、

コンセントは2×4材に沿った適当な位置に
穴を開けて付属のビスで取り付けます。

幸いにも壁の反対側にコンセントがあります
ので2oのVVFを使い一旦こちら側の
壁に引き出し、コンセントとなる位置の真下
までモールで這わせ そこからコンセント
までは壁内を通しました。通したそうです。

(資格の無い方は電気配線をしては
いけません。)


棚材は娘Aの廃棄予定だった勉強机
の天板です。
集成材ですが厚みも有りなかなかいいです。

勉強をしてる姿を見た事が無いわりに
キズだらけです。

趣味の悪いテープなどが貼ってあり、
以前のミニコンポの塗装といいこの方面の
才能はどうひいき目で見ても
うなり声しか出てきませんね。


ダンボールで型紙を作り
丸ノコ、ジグソーで形に切り取り、
トリマーで飾りの面取りをします。

サンダーで塗料を落として切断面
もツルツルに仕上げます。

今時の住宅はコレがないと釘一本打てません。

左側は原始的に壁に押し付けると針が出て
ボードの中の構造材を探します、

欠点は調べるたびに針の穴が開きますので
何回も探すと壁は穴だらけになります。

右は電池で作動する壁内センサーで
壁に裏側をくっ付けた状態でスイッチを入れ
そのまま横に滑らせてダイオードの点灯と
ブザーで構造材を知らせてくれる優れもの。

私はこのセンサーで縦横の位置を大体
頭で描きながら最終的に針で確認して
穴を開ける様にしています。

これが無いころは長い縫い針を壁のあちこち
に刺して必死でした、(バカだね〜)

棚板はチークオイルを塗りましたが、
水周りと言う事もあり後でニスで仕上げました。

棚受金具で固定、
コンセント枠は木製で同じような雰囲気
の物がダイソーに有ったので買ってきました。
(棚受金具もダイソーです)

ついでにラティスの角を切り落とし、周りを
トリマーで同じ面取りを施してあげました。
(最初の写真とちょっと違うでしょ)

位置を棚板に合わせてずらして取り付けて
とりあえず終了!

なにせトイレドアの出入り口に有るもので
邪魔にならないようにあまり大きい棚板は
付けれませんでしたが
ボトルやスプレーを3〜4本置くのには
これで充分でしょう。

そのうち配管隠しと照明を
何とかしたいので考え中です。
2004 門松

2004年に向けての門松を
造りました。

竹3本をまとめてダンボールを巻いて
一番外側はホームセンターで買った
198円のコモを2つに切って
巻きつけ荒縄で縛りました。

飾りはダイソーで適当に入手。
笹も松も竹も山に行けば有りますので
材料費は
コモ198円とダイソーの正月飾りが
4個で総額約600円。

毎年の事だから次からは
コンクリで竹を挿す穴を開けた
型を作る予定


来年は(も)良いこと有りますよーに。
2階トイレ便座交換
始めのうちは違和感が有った
シャワートイレも近頃では洗わないと
気持ち悪いくらいの変わりようで

建築時に予算の関係で暖房便座
だけにしていた2階トイレですが
どうにも不便なのでオークションで
購入して取り付けてみました。

日曜大工じゃないけどDIYと言う事で・・

メーカーが違っても各社互換性は
有るようですがやはり確実に、
と言う事と色の問題が有りますので、
メーカーは便器本体と同じINAXです。
(新しい便座はCW−RH2型)

当初私はパイプカッターや
シーリングテープなんかが必要なのか、
と思って興味津々でしたがなんのこたない
15分〜20分で終わってしまいました。
まず、当然ですが止水栓を締めて
水を止めてからサプライ管
と呼ばれるタンク給水管を外します。

パイプ内に残っていた
若干の水が出てきます

止水栓の上に分岐金具を取り付け
またその上に付属のステンレスメッシュの
フレキシブルホースを取り付けます。

パイプの加工が必要無いので
楽ですが、ちょっと長すぎですね、
古い便座を取り外します。
プラスチックのナット2個で簡単に
取れます。
新しい便座を取り付け
便座と分岐金具を給水ホースで
つなぎます、
いずれも差し込んでクリップで固定
するだけで超カンタン、
ドキドキしながら止水栓をあけます。

こんなにカンタンだったら
もっとはやくに交換するんだったなぁ。

あぁ〜やはりいいわぁ〜、

必要工具はモンキーレンチ1つ、
注意する事といえば
タンクへ入るホース取り付けで
締める時、タンク内の止水弁が
共回りするので手で押える事
くらいでしょうか。

このセットはご丁寧に説明ビデオが
入っていましたが、
見ている時間で終わると思う(笑
2×4材オーディオラック

整理も兼ねてワイヤーラックを
買いましたがアンプが並んで入りません、

2×4材用の簡単に接続できる
アタッチメントが有ったので
設置場所の寸法をとって作ってみました、

配線変更や掃除の為、
キャスターは必須です、

ワイヤーラックのキャシャなキャスター
とは比べ物になりませんね。

2×4材を切って組み立てれば完成、
超カンタンなラックです。

強度も有り、重量物も安心です。
2005 門松



2004門松はバランスがイマイチでした、



100均で買ったゴミ箱に竹を3本まとめて
突っ込んで、隙間はダンボールで埋めます、

ホームセンターで買ったコモを針金で
巻いて締めてから縄で巻きます、

松、笹、などと飾りをダンボールに
差し込んで完成です、





シューズインクローゼット靴棚
新築時費用の問題からDIYのつもり
だったウォークインクローゼットの収納棚、

とりあえずアパート時代の物を押し込んで
いましたが、特に不便でもなかったので
そのまま今に至りました、

6年、やっと重い腰を上げました、

当初、ショップの棚によく見られる
片持アームに棚板を乗せようと思いましたが
Hセンターで一部部品が欠品中、

気が短い事もあり隣に陳列してあった
金物に変更となりました(笑
金物点数も少なく、総額でも安価に
なって結果オーライ、
簡単に施工したいので構造材の
2×4(2×6)材を石膏ボードの上から
センサーで探し出し棚受け金具の
直付けとしました、

棚幅は25cm、女性の靴は収まりますが
私の靴はチョットはみ出ます、
扉が有るわけではないので
全く支障ありませんし少しはみ出る
位のほうが出し入れは楽です、


棚板の端材で反対側にも棚を作ります、

窓下の板は以前使った娘Aの
学習机の天板、

これだけ利用してあげれば
もう思い残す事は無いでしょう、
幅がチョット足りませんが
しょうがない、

ジグソーで切り出し
トリマーで断面加工をし、
サンダーで表面塗料を削ります、

板が揃いました、

この後ニスで仕上げます、

実はこの両面2回塗りの塗装が
一番時間がかかった(笑

枚数が多いとハケ塗りはホントきつい、

窓下の板の幅が足らずに
引っ込んじゃっているのが
辛いところではあります、

棚受け金具もしっくりくるものが無く
イマイチ、
まぁ、他人に見せる場所でもないので
こんなもんでしょ、


長尺の棚板はオフセットになってますので
浮き上がり、ズレ防止の加工をして終了、

これだけ足数スペースがあれば
いくらなんでも足りるでしょ、

って優香このスペースにおさめなさい
いや、おさめてください、

2007 門松

2006門松は予想外の早期降雪
により作成出来なかったので
今年は早めに準備しました、

100均で一番大きいゴミ箱二個、
80φ位の紙筒があったので
それを3本まとめて型にして
中に入れコンクリを流し固め
重しとしましたが

切ってきた竹はそれより太く
結局コンクリ型は廃棄となりました
(なにやってんだか)


竹の切り口をもう少し鋭角に出来れば
良かったのですが卓上丸ノコでは
これが精一杯、

長さのバランスは良いと思いますが
横着をして折れていた竹を切ってきた
ので黒ずんでいた(泣)

なかなか思い通りにいきませんなぁ
キッチンTV天吊り


調子が悪いのでジャンクで売ったAIWATV
の代わりに置いたLGですが

電源内蔵で重量が有り、シンク側に向けたり
テーブル側に向けたりと
「そのつど持ち上げて向きを変えるのは大変」

と、奥様からクレームがついていたので
それならば、と吊り下げてみました、

冷蔵庫横に専用DVDプレーヤーを置き
ぐるっと配線して外部入力しているので
KAT-TUN見れるし・・、

ホームセンターで使えそうな金物を
あれやこれや見ているのって
結構楽しいんだよね、
KETER Extend Shed XL 
拡張出来る物置って事か、
ケター 樹脂製物置

タイヤの収納場所に困り、色々収納物置を
物色していたがヨドコウ、イナバ、など
丈夫で作りはいいが面白みが無く
実用一辺倒なデザインでサイズも
適当なものが見当たらず、

どーしよーかなぁ、

そこでこのケターなるオール樹脂製の
物置を発見


スノータイヤ4台分16本+αの収納
なのですが

よく見かけるイナバの物置はデカ過ぎ
ベランダ物置は小さすぎ、
このサイズは大きさも丁度いい、
オマケに
値段も安いし送料無料ときたもんだ、
はたしてコレが日曜大工と言って
恥ずかしくないのか、
と問われると何とも返す言葉が無いが
とてつもなく簡単で「対象年齢8歳以上」
の感が有る、
ま、コレ普通の人は絵を見ただけで
十分理解出来るわな、

パーツ数も少なく10〜15分もあれば
必ず完成するハズだ、(基礎作業除く)

一応ブロック置いて水準器で
大体のレベルを調整した後
組み立てに入る

基礎の水平が出ていないと
本体はかなりゆがみますので
出来る範囲で水平ラインは出したほうが
よろしいかと、

何も説明する事も無い、

ただパーツを差し込んで組み立てれば
あれよあれよと言ってる間に完成、

さすがオール樹脂製、アバウトな作りで
ゆがみなども有ったりするが
コレはミリ単位の誤差も許さない国産
ではないのだ、
大陸的な気持ちでおおらかに作りましょう(笑

結構奥行きが有って思っていたより
収納力が有りそうです、
後は台風などの風対策をどーするか、

風対策として
背面4箇所、床に4箇所
ビス止めの為の加工がしてあるのですが
床4箇所の穴に90センチの金属棒
(アンカー?ペグ?)を
ハンマーで打ち込みました、

床はゆすっても動かなくなり固定されました
実際強風の時、効果のほどは分かりませんが
やらないよりは良いはず、
2008 門松

2008年に向けて門松を作ります

用意した竹を丸ノコを使って斜め切り
(もうちょっと鋭角でも良かったかな)

横の100均バケツに入れて
重りにレンガを半分に割ったやつを入れ、
ダンボールで隙間を埋めます、

バケツの周りを200円くらいのコモを
ハサミで半分に切って巻いて荒縄で縛ります

あとは同じく山から切ってきた松や
熊笹を差し込んで色物を飾れば完成、
今年は結構バランスよく出来ました
( 一本の竹が虫食いで
節に穴が開いているけどね、)

材料さえ揃えられれば30分で出来る
門松ですが
費用のわりには正月モード全開
になれますので
是非作ってみてくださいね、


毎年山に竹切りに行くのが億劫なので
来年はコレをペイントして流用、
もしくはボイド管で作る予定です、
2010門松
職場の廃棄物でロールペーパーの芯が
結構出てくるので形状から門松にピッタリ、

と、作ってみました、
とことん紙にこだわり ベースの100均ゴミ箱と
芯の針金以外は色紙、お花紙、紙紐、

松、竹、笹、など 実物を持ってきて
セッティングするより手間が掛かります、

よって自宅の門松は無し、

2011門松

もうそんな時期だなぁ、と思いながら
去年同様にロールペーパーの芯の利用

リサイクルで作りました
飾るのは松の内、7日まで?とか

せっかくなんだから小正月まで飾っていいよね?

紙にこだわると結構 手間掛かります、
でも楽しい、

自己満足
2013門松 2014門松
   
2015門松 2016門松
   
2017門松  
 
   
   
   
   

戻る

inserted by FC2 system