ライン


楽しいジャイロ 三輪改



何度か越後三輪改さんとのツーリングにバギーで行っているとラクそうなジャイロが欲しくなりネット等で探してみる

安く出ていても送料入れると結局買える値段ではないのでなかなか見つからない

そんな時 仕事で移動中 市内のバイク中古部品屋のジャンクボックスの前を通りかかったら ナント!
ジャイロキャノピーが・・・、

Uターンして戻り 「売れた?」って聞いたら
「見ていった人はいるけど まだ売れてない」「エンジンかかるかどうか分からないです」との事

即決 「買います!!」

どーせいじるんだからエンジン何かどーでもイイ
下手に掛かって高値をつけられるんだったら かからなくて安いほうがよろしい

仕事が終わってすぐにお店へ行き お店のケットラ借りて自宅まで搬送

また新しいオモチャが キタ━(゚∀゚)━!





家でとりあえずセル回してみました

あっけなくかかっちゃいましたけど・・・(笑


さて、何からいじろうか
やっぱ タイヤでしょ、
バギーに履いてた30扁平タイヤ10インチ8Jホイルに付け替え

オッ イイ感じ



ネットで入手
ロンホイキットを付ける

横倒しにして付け替え
アクセルワイヤーは届きましたが
ブレーキワイヤーとパーキングワイヤーは長さが足らないので
付属のロングネジとアルミパイプで延長です
エンジンがいじりやすくなりました(笑
しかし
試走中 コーナーで倒すと
ナンバープレートがタイヤに干渉してグニャリ、

メイドイン中華かタイワンのシリンダーとヘッド、ピストンのセット
送料入れて8,000円位で激安

排気出口はひどく歪んだ形ですし
せっかくですのでシリンダーの排気ポートの研磨
上部は削らず両サイドをルーターで納得いくまでガリガリ削りました

遊びでピストン上部を軽く磨く
何をするにしても
汚いので 高圧洗浄機でキレイにします

エンジンカバーやステー、各種排気管
エアクリーナーなど必要ないモノは外して廃棄ですね、
オイルタンクからこぼれたオイルが垂れてます
この辺は特に汚いので念入りに、
サッパリしました
ベルト、横綱プーリーが届いたので交換しました

付いていたのは純正ベルトでそれほど劣化していません
定期的に交換していたのかな、


シリンダーの交換

エンジンカバーを取ったらこの有様で
スタッドボルトは緩みましたが・・イヤな予感
ヘッドボルトがゆるみません

で・・・、
結局
4本共

めでたく折れましたぁ!
当然ですがヘッドは取れました

ですが
シリンダーがビクともしません

プラハンマー当ててましたがまったく動く気配がありません

どうせ再利用しないんだから、と
鉄ハンマーで ガンガン!

フィンが欠け、排気部分が欠け、
しまいにゃ
3ポンドハンマーで
ガンガンガン!!

思いっ切り叩き続けました

この辺はもう意地になっていて
オクで次のエンジン探さないとだなぁ、などと考えてます、

シリンダーが変形してます

オッ、チョット動いた!
少し浮いたぁ、

チョットずつチョットずつ



やったぁ!抜けました


シリンダーとボルトが固着していました
当然シリンダーはもう使えません(笑

ヘッドボルトはラクに手で抜けました
あれだけ叩けば当然か(笑
クランクケース内にサビや金属辺が・・・、

慎重に拾い出し
パーツクリーナー等で洗いますが
袋状でクランクシャフトもあり

クランクシャフトのベアリングに異物が入りませんように、
と 祈ります、

クランクシャフトを回しても引っかかりはなくなりました
(チョットカリっとする時が有るけど)

ま この辺でカンベンしたやりました(笑
スモールエンドのベアリングを交換して
組み上げました
圧縮測ったら8k

少し低いような気がしますが こんなもんなのかな、

中華のコンプレッションテスターですから

そもそもこのテスターの数値自体がどーなのよ、
ってハナシですけど、
ハイ、フロントタイヤが届きました
130サイズです

フット〜い
イノーバ
中華の一流どころです(笑
喜んで交換です
 とりあえずタイヤ外して

あてがってみました・・が・・・・、

は・い・り・ま・せ・ん・・・




オーマイガー!
エンジンオイルを買って来ました
色々種類は有るようですが

当局はコレ、スミックスの2サイクル

1Lで500円位なんだから激安じゃね?

評価もそれほど悪くないってゆーか
推奨している方もいるみたいだし、


隣のオイルは
カストロールのR30

一昔前に流行ったレーシングオイルで
ヒマシ油なので
モトクロスとかサーキットの会場でのあの あま〜い匂い、

今となってはこの形状の缶自体が貴重です(笑
太いエキパイとビッグキャブ用のインマニが届きました
キャブはバギーで使ってるVM22を付けます
その為の インシュレーターを作ります

VM22を付けていたアルミのインマニをちょん切り
フランジ部分を利用

こんな感じで接続

負圧取り出し口をタップを立ててねじ込みます
せっかくのVM22も調子悪いなぁ、
MJを色々取っ替えてみてもアイドリングさえ安定しない

しばらくいじっていましたが
オクで安いキャブを発見
OKOの24φ

VM22も安いと思ったが更に安いとは・・、

国産のパクリらしいですが・・・、

安価で落とす
マニホールドには負圧取り出し口が一箇所しかないので
ボールを抜いたグリスニップルを
タップを立てて取り付けます

ここにオイルラインが入りもう一箇所は負圧コックです
キャノピーはマニとケースの接続部分の形状違いの為 
プレートが必要らしい

調べてみると売ってはいるが一枚2,000円位するではないの

こんなのが2,000円って・・・、

やっぱ作るしかないでしょ

屋根裏から ジャンクのアンプ、
ヤマハのA5

ナゼA5かと言いますと プレートが取れるスペースが
A5に有ったから(笑

昔のオーディオは無垢の分厚いアルミパネル使ってますので
このフロントパネルを使います
ケース側のガスケットとマニ側のガスケットをコピーを取ります

重ねて 外形と内形をパネルにうつして切り取り、

フィルターがないので
100均でコップ買って底部分を切り取り

茶こし網をかぶせてみました

ま、付いてないよりマシですけど
マフラーの熱で溶けるかも、

シリンダーはダメでしたがヘッドは再使用出来ますので
サンドブラストでキレイにして保管です
OKO24φのMJはデフォで107番

調整用にオクでセットを購入

こんだけ有れば・・・、
マフラーが気になる
80,000K走った2サイクル車のマフラーがまともなワケない、と思う

ジャンクボックスで中古のマフラーを買ってきて交換

後ろが取れるので穴開けた単管を溶接してレーシーに(笑
外したマフラーを切ってみた
意外とキレイだった

純正マフラーって重い!
二重になっていて これじゃ音も小さくなるわなぁ、

左 排ガス規制後の触媒が入ったマフラー
右 規制以前のマフラー

平行に出ているマフラー角度を
少しケツ上げしようと切って溶接
マフラー チョットケツが上がってるでしょ

前輪タイヤは買った時のスタッドレス

カッコ悪いのでオクで落として交換します

以前130サイズを買って入らなかったので
今回は絶対入る110サイズ(笑

リムの内側は真っ赤にサビてます
チューブにも移ってガリガリですが

そのまま使います

少し小径になりましたが今までよりかっこいい

ルーフと背中を純正カラーで塗装
カッティングシートでレーシングラインを入れました

スクリーンには前車ルームミラーでの確認用に逆さ文字で「GYRO Canopy」

気分も新たに、という事で
中古のメーターを買ってきてメーター戻し
ドラムのカシメた部分を広げて
順番に横にずらして0を並べてから元通り

簡単ですね昭和の車は、

4輪でも良くやりました(笑
カッティングシートを切って
100Kメーター完成

ピカピカ点滅してうっとおしいSPEEDランプの配線を
ちょん切っておく、
パネルも純正色に塗装
荷物も載せないのにデカ杉のリヤデッキ

ボックスを付ける予定もないので

切っちゃえ!
全部切ろうと思ったのですが
オイルタンク有るし、

じゃ半分に、

グラインダーで半分切ってフレームエンドのバーを
溶接


サフェーサーがシルバーしかなかったので光ってます
このあと 黒の艶消しで、
組み上げてパネルを加工

こんな感じにデッキ短縮

あぁ、スッキリしたぁ、

いっそうエンジンがいじりやすくなりました

ナンバープレートも干渉しません
ナンバープレートの取り付け場所変更

ナンバープレートの取り付けステーを作りました
ナンバー灯が無いと整備不良になるんじゃ?

止められた時 指摘されるのもイヤなんで付けました

LEDリボンを短く切って貼り付け
電源はオートチョーク用に来ている電源を利用

調べると コイツはライト用の交流電源みたいなので
ダイオードを一本かまして接続

アイドリングではチラチラしてますが
回転上げればちゃんと光ってます

電圧もライト電源とパラですから問題ないでしょ、

ダイオードが余っているので
バギーでもつけていて重宝していたハザードランプを付けます

スイッチは用の無くなったワイパーのウォッシャースイッチを利用

押している間だけ点滅します

って事は押していないと点滅しない、
当然ですがバイクから離れられないので(笑

そのうちどっかにスイッチ付ける予定
ルーフチョップで低くしようと思ったのですが
結構 頭ぶつけるでしょ、

なので
前側だけ落として後ろはそのまま、
くさび型にしてみました

ルーフがナナメになるので
それに合わせてステーに角度を持たせるように
切った貼ったで溶接
ちょっと前かかみになったでしょ

オクで送料込で2,000円位の激安タコ、

モンゴリなど4スト単気筒用の出品とか

でも2スト単気筒でもイケルはずだよね
フライホイル見れば分かるけど 4ストだって
一回転に一度 火飛ばしてる、
排気の時も火は飛んでる

吸気と排気なんてCDIはわかんないワケで、
両方パルス飛んでるでしょ、

だったら2ストだって一緒じゃん、

ジャイロキャノピーにタコメーター付けましょ、
キャノピーはリヤデッキの下にCDIが有ります

黒/黄のIGコイルのラインから引っ張りましたが
青/黄のピックアップ配線でも動作しました

どっちでもスムーズ動く方につなげばOKかと、


個人的にワンタッチのヤツは嫌いなのでギボシで取ります
メーターの取り付け場所 パネルへの取り付け位置は
埋め込みの場合は決まってます

フロントスクリーンの取り付けステーが有るので
スピードメーターを中心に左右この場所しかありません

100均のサークルカッターを使って切ります
刃じゃなくて刃の裏を使って削るとキレイに切れます

キッチリ測って切るとうまくはまります
念のため接着剤で固定しておきました

タコが有ると無いとじゃ大違い
シフトの回転とか最高速の回転とかで
チューニング情報としては重要です、
中華のキャブ取り付けの
ゴムインシュレーターがひび割れ
1シーズン持たないんかい!って言いたい、

ネットで探したら2,000円位しやがる、
信頼性の有るホースを探していると

シリコンホース、
ヒジョーに耐久性は有りそうだし
短いので それほど高価でもない

コレを長さで切って使います
ウインカーリレーがチャタリング起こしているので
リレー交換

バギーエンジンを買った時に付属してきたリレーです
ちなみにエンジンメーカーは「田中」

電気式のリレーでピーピーうるさいブザーが内蔵して
いましたが 配線切ってます

純正はバイメタルとヒーター使ったヤツだと思いますが
コレ、昔の4輪の時
 ラジペンで曲げてハイフラッシャーにして遊んだ、

確か保安基準では毎分120回以下じゃなかったけなぁ、
中華シリンダーの出来が悪く
納得いかないので評判の麻呂氏を買って交換します

クランクシャフトのベアリング・オイルシールも交換
コレが麻呂氏交換キット

オクで色々出品されている中で
ヘッドガスケットが2枚+
麻呂氏のスモールエンドベアリングも付属


ちなみに
中華の交換キット
それほど走行していないんですが

ピストンピンが抜けません

叩くわけにもいかず ピストンピンプーラーなんて持ってませんから
ベアリングプーラーで何とか抜きましたが

ナント ピストンピン 段付き起こしてました
入れる時はすんなり入ったのになぁ、
パワーがあり過ぎたのか、潤滑が悪かったのか、
麻呂氏 ノーマル
クランクシャフトが抜けない

叩くわけにもいかないし・・・、

プーラーのセットするネジ穴がないので
針金をケースに回してプーラーを固定して押し出しました
麻呂氏のキットにはヘッドは付いていません
なので
中華のヘッドを流用です

試走してみましたがエンジンにメリハリがありません
麻呂氏ってこんなモン?

圧縮測って見ると
はぁ?
5.6K?
なんだコレ、

安全の為1枚追加していたヘッドガスケットを抜いて
測定、
まだ低い
ヘッドの面研です
平らな面にサンドペーパーをはりつけ
ヘッドを押し付けてゴシゴシ削ります

原チャリはこういう事できるからイイね、
パッキン溝がなくなる位まで手で削りましたが

1Kくらいしか圧縮はUPしないので

最終手段として
ハンドグラインダーの回転している砥石に
押し付けて削ってみました

アルミですから面白いように削れるんですが

注意しないとナナメに削れてしまいます
ある程度削ったら
最後はサンドペーパーの上で手でゴシゴシで仕上げます

チョット外側が削り過ぎましたが
圧縮漏れするほどじゃないでしょ、

グラインダーの砥石取り付けボルトが擦れて
ヘッドの中がちょっとキズ付きましたが

問題無い、気にしません
フロントショックを交換

純正は硬いんだよねぇ
バギーで使っていたのが余っていて
長さもちょうど良かったので交換

取り付けは
ショックの下側が「コ」の字型じゃないので
ハイテンションボルトでカラーを入れ
外側に付けます
スプリングがココに干渉するので
ハンドグラインダーで削ります
オクで10Jのタイヤ・ホイルのセットを格安で落札

ワケあり品で空気が漏れるとか、

届いたものは
空気は漏れていませんが

同じメーカー同じ規格225−40−10なのに形状が違います

なんだコレ!

とりあえず販売店にクレームのメールを打ってみました

「当方も確認しておりませんでした 気に入らなければ返品してください」
との事

値段からして返品出来ませんけどね(笑
フロントタイヤがパンク

通勤時ステアリングが重くなり
確認したら 空気無し

ゆっくり走り 近くのGSでパンパンに入れる

漏れてる音がしないんだよねぇ、
そのまま走行

また ステアリング重くなり、GSへ

何とか職場にたどり着き 昼休みにタイヤ外して自転車店に持ち込む


原因分かりました
交換したタイヤの扁平率の関係で外径が小さくなった
にもかかわらす 純正のチューブを入れていた事で
余ったチューブが中で余って折り重なり
擦れた部分が薄くなって漏れてきた、

だからパンクのようにシュー!っとはもれずに
徐々に漏れてきた

チューブ交換ですね、

今のタイヤは元々チューブレスタイヤ
チューブ買うんだったらいっその事チューブレスホイルへ、

オクで入手

同じデザインでも販売店に寄ってチューブタイプと
チューブレスタイプで分かれるが

良く調べてみたら どうも元々はチューブレスホイルですが
バルブ取り付けに問題があるらしい

買ったホイル、
バルブを入れると若干の変形

穴の位置に寄って空気漏れを起こす可能性が有るので
チューブタイプにしときゃ問題ないでしょ的な・・、

付けたバルブは当然国産です

中華バルブ、値段が10分の1くらいですが
一年でひび割れて来ます

近くのタイヤ屋さんにで分けてもらえば間違いないでしょう
外径 こんなに違います
チューブ余るわけですよね、
ブレーキドラムは純正を付けるワケですが
鉄板ではなくアルミなので厚さがアリ

取り付けナットの掛かりが甘いです、ヤバイです

緩むと命取りになる所ですので
くさびロックナットで締めておきました

さすがに手で締めたんじゃ危ないので
ちゃんと工具で締めました(笑

定期的にチェックです
キャブのニードル調整が早くできるように
蝶ネジに交換

これで ラジペンさえ有ればどこでもサクッとできますね、
通販 ヒロチー商事で
ウエイトローラーが80円位だったので

色々な重さのヤツをまとめて買った

ひと袋6個で80円って・・・、
キャノピー とにかく收納が無い 皆無です
純正のカゴなんかも付けてみました

バギーもそうですが
当局 羽根好きなんで

キャノピー君にも付けてあげます

オクで落としたアルミのGTウイング

ちょん切って塗装 レーシングラインを貼り付け

タップをたててステーの取り付け
ルーフステーを曲げて取り付け
艶消しブラックで塗装
取り付け

どう見ても歳相応ではありませんね(笑

でも 暴走するわけじゃないのでイイよね、
破れ気味のシートを変えます
赤のパイピングがよろしい
オクを見ていたら
ビッグキャブ用のマニが格安ででていたので買っちゃった

丁度 リードバルブがダメになった時用に探していたんで
バルブを含め セットで買えればOK、
送料入れても3,000円しなかった、

メイドインタイワン パッケージはファイア フォツクス

漢字からすると
ファイア フォツクス ラクーンじゃね?

更に
「完成品でぁり品質を保証致します」
「しーサーには不可欠」
沖繩かい!


クラッチを外してみたら
シューがヤバイ
減っていて はがきの厚さしか無い

シューだけ買うより一式買った方が安いので、
トルクカムも交換します
純正のへの字から直線へ

このトルクカムはへの時と直線が選べる
への字でも純正より立っているので
若干フィーリングは変化するとは思いますが
今回は劇的な変化を求めてますので直線を選択

これで加速時に回転の落ちが改善されるハズ、

リヤショックからオイル漏れ
純正中古と交換の為取り外し

ブッシュが逝ってました
その為ショックの取り付け分が下がり 当ってました

交換する部品も無いのでゴム板はさんでおきました
インナーカウルの塗装
PP用のプライマー吹いてからサフェーサー

黒の艶消しです
エンジン抱きつきました

全開走行時 いきなり反応しなくなりました

やっちゃった、と思って路肩停車して100m位押して移動

さてどうしよう、
JAFか、

一応セル回してみたら
フツーに掛かった

そのまま帰宅し割ってみたんですが
イヤな縦線
シリンダーも若干の縦線ですが
それほどでもなく

再利用可能

ピストン・シリンダー共には耐水ペーパーかけて
シリンダーにはクロスステッチをゴシゴシと
今回もピストンピンが固着気味で難儀しました

なので 次回の為に(笑
ピストンピンプーラーを作ってみました

このピストンはピストンピンが段付き起こしていた
メイドインタイワンのピストンです
これで蝶ネジをねじ込むと
ピストンピンが塩ビパイプの中に抜けて来ます
変速にムラが有り気になる音がしてきたので
横綱プーリーを買ってから割ってみました


スライドピース3個のうち一個無くなってます
もう一個は欠けてました
そして もう一つはヒビが入ってました

まともなものは一個も無い状態
プーリーのスライドピースが摺動する所が
摩耗して細くなってました

シリコングリスを塗って組んだんだけどなぁ、
オクでDIOポンプが100円で出ていたので
夜遅かったので120円入札して寝た

朝 確認したら ナント
130円で負けた

クヤシイ!
同じ出品者が複数出品していたので再度

一個位引っかかるだろうと開始価格100円のものを
一個ずつ5個入札して寝た

5個共

おめでとございます
せっかく5個もあるんですからポンプを付けます

キャノピーは負圧コックなのでマニから取っています
オイルラインも入っているので2箇所ニップルを付けてあります

このポンプは正負圧を取らなければならないので同じ所に
3ヶ所穴を開けるわけにはいきません

クランクケースから取るべきなんでしょうが
このキャブはでかいリードバルブを付ける為に
浮かせてあるので ソコにニップルを付けました

要するに
リードバルブからクランクケース寄りです
こりゃラクチンですね、
リードバルブの上に2箇所 下に一箇所

どの位の圧力で送っているのかな、と思って
キャブに入るホースを外してみたら

ピュー!と 予想以上に出てきてビックリ、
結構圧掛かってるのね
以前 冷却用のファンシュラウドを作ったのですが
タイヤに干渉するので廃棄したのですが

オーバーヒート防止にイイんじゃね?
と、再度作ってみました

塩ビパイプをナナメに切断
取り付けは上からかぶせるように装着します

塩ビパイプにちょうど良いサイズなんて無いので
内側に割りをいれて広げてから挟むように装着

艶消しブラックに塗装

取り付けヶ所の形状に合わせてカット
キッチリ挟んで装着ですのでアソビは無いのですが

脱落防止でリベット止め

これでオーバーヒートとは (o・・o)/~ か、
スピードパーク新潟での山形ジャイロの方が付けていた
自作フィルターカバー、

塩ビ管と煙突って事はわかったのですが
詳しくは聞かなかったので分からない

ですが、ホムセンに行って探してみました

100mmのステンの煙突延長パイプと
塩ビ管の異径継手2種
へぇ〜 コレってインクリーザって言うんだぁ、
キャップも買って来ました

艶消しブラックに塗装

コッチは純正色に塗ってみました
2セット分完成
出口は金属ネットを丸く切って入れ
本来継手の中に入るパイプを1センチ位の輪切りにして
押さえるように接着
純正色塗装のほうを装着してみました
コチラは艶消し塗装したセットです
完成して装着したものの
フィルターが付いてなくカラっぽ状態だったので

内部にフィルターをはめ込みます

これで安心
いままではエンジンのカバーは外していました

ロンホイしてあるから風がイッパイ入るんだから
必要ないでしょ、みたいに思っていました

でも、麻呂氏を抱きつかせたので

ヤッパ付けとこ、

このカバーは捨ててしまっているので
オクで落としました

ヘッドがノーマルじゃないのでプラグ位置が違います

100均のサークルカッターの出番です
もちろんタコ取り付けの時と同じく

刃の裏で削ります

ヨシッ!これで冷却は完璧だな(笑
どこぞのHPで見かけた
スロットルアシスト

ホムセンとかで売ってるイレクターパイプのパーツで
代用出来るようなのでコメリで買って来ました
簡単に付けたり取ったり出来ますし
位置調整も簡単です

インプレですが
長距離 高速道路では有効じゃ、ないかと

町乗りでは必要性を感じませんでした

ま、定速での走行がラクっちゃーラクですけど、

税込80円じゃ文句も言えないわな
ウインカーバルブをLEDに交換します

ほとんどの原付の左右のウインカーは点灯時の電位差
でメーターのインジケーターランプを光らせてますので
LEDの消費電力では作動しません

ダイオード2本かませて正常に点灯するように加工

キャノピーのウインカーリレーは
金属片の反りを利用したバイメタル式ですので

これは電気式のATV付属のリレーに交換
(ピーピーうるさいブザーは取って有ります)
キレのある点滅になりました
どうにも加速に納得いかない

ベルトが滑っているような感覚

キッチリ挟んで回るように
オクで落とした10%強化のセンタースプリングに交換してみた
WRは6G×6

回転だけ上がって前に進まん!

WR 7G×6に
7Gはまだ回転上がりすぎてウルサイ!
加速も悪い
これじゃ町内を走れないので8G×6に交換
抱き付きシリンダーがどんな具合か確認してみた

ヘッドボルトがオイルで濡れてた
圧縮漏れ?
シリンダーに異状無し
ピストン抜いてスモールエンドのベアリング点検

リング外して溝のスラッジを取って再度組立

ピストンの片側にピストンピンクリップを入れようとしたら
入りません!

何度やっても入りません
力任せでやっと入るが

ピストンを手に持ってこんなに手こずっているんじゃ
クランクシャフトに付けた状態だと不可能だ、


このクリップはKN企画で買った10mm用なんですが
何か違う

純正と比べると線径が太い、

せっかくラジペンで挿入しやすい「の」の字型のやつ
まとめて買ったのに全部ダメじゃん!

中央部品で注文しておいた純正ピストンピンクリップ到着

やっと組める
オクでライブディオ用の潰れたチャンバーを安価で入手

キャノピーのマフラーって 下を通っていて
脱着などのメンテナンス性が極めて悪く
いつもイライラしているんです

なので コレを切った貼ったして
エンジンの下かを通っているマフラーをシリンダーの横から
持ってこようって寸法です、

とりあえず潰れているところをぶった斬ります
見事に潰れています

鉄板は薄いので 家庭用のトーチで炙っても赤くなります

イワシみたいに開いてから あぶっては叩き あぶっては叩き、

小一時間トンカントンカンと・・・、
結構 形になってきたのでチョット合わせてみようかと、

シリンダーのフランジに当ててみたところ・・ナント、

フランジの取付け寸法が

ちがいますぅ!

これじゃ付きません

メンドウになりそうなんで
この企画はボツ、
確実な方法

エキパイ下回しになりますが ノーマルのエキパイ部を
切り取って溶接します

チャンバーの鉄板は薄いので 慎重に溶接
ヘタだから穴あいちゃうんだよなぁ、

2.3ヶ所穴開いて 盛りながら溶接(笑
汚い溶接は見せられないので引いた画像です(笑
耐熱の艶消しブラックを吹きました
取付けステーを溶接
ステーは元々付いていた場所に溶接したのですが

ロー付けしてあったらしく 切り口が金色に輝いてます

その輝いている真鍮部分は溶接が乗らず
点付けみたいになりましたが とりあえず付けて

装着

ちと かち上げ過ぎか・・・、
マロッシのリングをネットで購入

2度目の抱き付き発生で 
さすがにリングは替えないとイカン状態でしょ、

今回の抱き付きも
エンジンが突然ストップして 押して路肩に止め
セル回したらかかっちゃうパターン

マロッシはリング打音がハッキリ聞こえる位
クリアランスが大きいので瞬間的な固着でしょう

シリンダーを引っ掻いてなければリングの交換だけで、
と思ってます
ピンが硬いので 自作ピストンピンプーラーの出番です

自分で言うのもなんですが
コレが無いとヒジョーに困ります

必需品、絶対作ったほうがイイですよ、

余裕が有る人は買ってくださいね、

(右画像は一回目の抱き付き時です)
取り出したピストン

結構傷入ってますが ペーパーで擦ればまだ・・・、
シリンダーは 掃気ポート部が擦れてました

ってー事は

排気の熱じゃ無いって事?
原因は生ガスのオイル?

抱きついたのは全開時じゃないですから
やっぱオイルかなぁ、

以降 混合併用にしてみます
ウインドゥウォッシャースイッチに接続していたハザード配線を
ワイパースイッチに変更しました

ウォッシャースイッチは離せば止まります
スイッチを押している間だけハザード点滅

ワイパースイッチONにすれば手を離しても作動してます
何のこたない カプラーは同じなんで
左手側ウォッシャースイッチに行っていた配線をギボシで延長

右手側ワイパースイッチのカプラーを外して
そこへ刺す、

ワイパースイッチは二連になっていて
カプラーは2個刺さってますがどっちでもOK

なんでかワイパー作動ONの位置で導通無しのOFFです
お間違えの無いように


作ったのは延長配線だけ、

ウチのキャノピーはワイパー関係は外してあるので
空きスイッチを利用できますが

当然 ワイパーを使ってる車では別スイッチ増設となります、
通勤途中 排気音の変化 

職場の駐車場で見てみると

チャンバーの取付けステーが無くなってました
影も形もなく チャンバー ブラブラ状態、

外れなくてよかったぁ、

番線で縛って夕方帰宅

早速ステー作って溶接
一応L型に曲げて面積増やして溶接したけど
チョット弱っちいかな

とりあえず様子見で、
オクで台湾スクーターのタンデムステップと
後期NS-1の直流CDIを落としました

両方共開始価格で落札

ま、台湾スクーターのタンデムステップなんて
需要無いよね(笑

CDIは交流CDIが多い中
たまたまオクで見ていたら直流?
コレも安値で、両方共 送料のほうが高い(笑

純正で何の不満も無いCDIですが
レーシング スーパーバトル、なんて書いてあれば
付けるだけでエンジン性能上がるような気がして・・・

いろんなCDIが出てるようですが
直流、交流は別として それほど変わらないんじゃね?、

でもせっかくですので交換します(笑

ジャイロキャノピー側の配線は
ホンダの配線色から判断

緑  アース
     赤二白  12V電源(ACC)
黒二黄  IGコイル
  青二黄  ピックアップ
CDI側の配線
カプラー形状は同じですが配列は違いますし
5本刺さってます

まず
緑はアース、青はピックアップ、赤は電源12V、
これは確定でしょう、

 IGコイルに行くラインはオレンジか黄色のどちらか・・・、

純正色は黒二黄、
黄色繋がりって事で黄色にします(笑
とりあえず

端子側からマイナスの精密ドライバーを突っ込んで
爪を戻しながら引いて
CDIのカプラーから端子をすべて抜きます
純正ハーネスに合わせて
CDI側のカプラー配線を差し込みます
色的にオレンジが余りますが・・・・

この状態でセル回してみたらあっけなく始動

オレンジのラインって何でしょうかね、
タコ配線かと思いましたが 違うみたいだし、
リミッター関係かね、

どっちにしてもキャノピーには

まったく関係無い配線です

遊んでいてもらいましょう

両面テープで固定
超強力だから だいじょーぶでしょ、

取付け後 速攻で試走出ましたが

効果 まったくわからず \(^^@)/

ま、そんなもんでしょ

フルスロットルは握り直さないと出来ないってのは
ストレスになるので(笑

ハイスロパイプを購入

ハイスロキットしか無いと思っていたんですが
コレだけ有るんだったらOKでしょ、

値段も安いしね
ってーか
このパイプだけだと高い値段は付けられないでしょ(笑
ちがいはこれだけ
溝を浅くしてワイヤーの回る外径を大きくしただけ

高価だったら自作のいパターンです、が
1,000円しなけりゃオジサンは買います(笑
落としたタンデムステップのオク画像です

この画像もネットで取得 純正車両の画像

こんなふうに付いてます
現物合せ 切った貼ったで溶接
艶消しブラックに塗装
キャノピーに取り付け
位置的にはイイんですけど・・・

角度が問題で 足乗せると
ステップが折れるんです ┐(´ー`)┌

つま先だけ乗せます Hi

足乗せた時 折れない角度だ取り付けだと
折りたたみ時に邪魔になるんだなぁ、

う〜ん どーしよー、
折りたたむとこんな感じ

しばらく乗っていましたが
足を乗せられないステップってどーなの、

グラインダーで取り付け部を切り取って
角度を変えて溶接しました

とっても乗りやすくなりました

排気音がうるさい
中のグラスウールがオイルで劣化してんじゃね?

と思って先回リベットを抜いて建築用グラスウールに
中身交換してみたんですが それほど効果がない

グラスウールをキッチリ巻きすぎたんか?

もう一回抜いて
今度は最初 100均のステンたわしを巻いて
外側にグラスウール の二段で巻きました


この上から建築用断熱材グラスウールを巻きます

結果

それほど変わりません OTL

期待してたんだけどなぁ
ヘッドはずしてみたら
吸気側ピッカピカ
排気側カーボンどっさり と綺麗に分かれてます

吸排気のバランス悪いんだろうなぁ
ちなみに ピストンは普通にカーボン付いてました

たぶん
圧縮圧力を高めようと 純正のHSよりネジが長い
ESプラグを入れて ちょっと頭が出るので
その辺が影響してるのかも、
でも圧縮比があがる為かトルク出るんだなぁ、

とりあえずノーマルヘッドを付けて走ってみましたが
レスポンス悪いし伸びも悪いので

このヘッドを綺麗にして再度乗せました

ほぼ冷却フィンまで削ってあるんですが
フィンとツライチになるまでコンマ何ミリですが削っちゃうか
センタースプリングを10%UPのものに交換で
それにあわせてWRを5・5Gから8Gへ交換

さすがに発進時のベルトが滑る感じは少なくなったのですが
その分 ベルトにストレスが掛かっていたのか
ケースにベルトが叩いた痕が

たぶん1,000K走ってないと思うんですが
かなり劣化サイド部は荒れて凹部には亀裂

迷わず10%強化センタースプリングはノーマルへ戻し、
WRも5・5G
マロッシのトーションコントローラーを装着してみた


Sスプリングのネジレ摩擦減少でアクセル戻した時の
トルクカムの戻りがスムーズになるんじゃないか、との思いです、

中間加速の時のキックダウンを期待、


ついでにウエイトローラーの点検します

Sスプリングのクラッチ側にはまってるカラーを取り外して
樹脂製のマロッシに交換
   
元通りに組みますが

 ロックナットが薄いのでSSTが必要なんですが
持ってないので

現役引退した貫通ドライバーで
叩いて緩めて叩いて締めます

ま、コレ見れば
やっちまったな的な感じは出てると思いますが、



クラッチシューのアタリとドラムの内側をペーパーでこすって
キレイにしてから組みます、
ウエイトローラーを確認

モリブデングリスは乾いていましたが

上手に回っていたのか 全く片減りが見られず
交換予定でしたが プーリーボスと
スライドピースしゅう動部にグリスを塗ってこのまま使用します

こんなに減ってないのは初めてです、



ベルト付けてたらこんなヒゲ発見


まだ 十分使える磨耗なので
 とりあえずこのまま付けるのも何なんでハサミで切って装着、



試走では
0加速、追い越し加速 共に変速回転数が上がったような、

でも やっぱりキックダウンがうまくいかない時もあり

ま、結局 それほど変わらないかな、

悪くなってないからヨシとしよう!



トップ

inserted by FC2 system